2015年06月09日

キャッシングって怖い?

消費者金融業者の貸付審査で主に分析されるのは本人の「支払い能力」と言えます。

「定期的で継続的な収益が存在するか」これがキーポイントとされています。

仕事をしていなくて所得無しの場合は承認されることは基本的にないのですけれど事情があって勤め先を休職している場合の審査ポイントに関して触れておくのがみなさんのためでしょう。

当たり前ですが、承認されるパーセンテージは非常に低くなると言えます。

休職が明ける目処が立っていない際は中でも厳しいと覚悟してください。

例外的に給与は継続している、別な収入源がかなりある、配偶者も仕事をしているなどのようにシチュエーションにより承認される希望も持てます。

休職していても承認される例として休職中だとしても勤め先から給与支払いは続いているケースでは消費者金融の審査をパスすることもあります。

減給の場合も同様です。

ただ借入希望のときに隠さずに「休職状態なこと」を申し立てしておきましょう。

下手に詐称するのはやめたほうが安全です。

その理由としては、貸金査定の段階では絶対に在籍電話確認があります。

在籍チェックと呼ばれているのは、貸金業者の社員が、その人の仕事場に電話をして、その勤務先に本当に勤務しているか判定する手法です。

調査中に休職中だという真実がばれる確率は高いと予想されます。

隠していても気づかれる際は、急激に信頼度が下がります。

勤務先が支払う給与とは別ルートで収入源を持つ場合は、それについて申請すれば審査に合格する可能性も無いわけではありません。

しかし、源泉徴収票、所得を証明する書類、確定申告書類など稼ぎの証拠物となる書類の郵送が必須となるわけです。

ところで提出書類で証明不可能な年所得はどれほど額が巨額でも不採用とされます。

例えば博打で得たなどの臨時的な収入は対象外です。

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座
posted by play_game at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。