2015年02月07日

愛車を売るには、どうしたら良いかな?







"

バレンタイン商戦 ハート形総菜… チョコ以外も盛り上がり 大阪 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000029-san-l27

 14日のバレンタインデーに向け、主力商品のチョコレート以外でもバレンタイン商戦が盛り上がりをみせている。

ハート形の総菜やチョコ風味の飲料などユニークな商品が相次いで発売され、消費者が自分の手でバレンタインにちなんだ食品を作るイベントも盛況。

消費者の“ハート”をつかむアイデア合戦が繰り広げられている。

  ■売り場はハート一色 食品売り場が有名な大阪・梅田の阪神百貨店では、今年のバレンタインデーが土曜となることに注目。

家族で食卓を楽しめるようにハート形の食品を数多く取りそろえた。

 名物のイカ焼きには、ピンクに色づけした「ハートのちびいか焼き」(冷凍)が登場。

生鮮食品では、ハート形にカットした黒毛和牛の「ハートステーキ」や、インドマグロの中トロ「ハート型マグロ」などインパクトのある商品が現れた。

高齢者らに向け、ハート形に切り抜いたつくだ煮コンブもある。

 神奈川・厚木の地ビールで、チョコ風味の黒ビール「サンクトガーレン」は、バニラ、ビターなど6種類を取りそろえた。

 このほかすしや豆腐、コロッケ、カマボコなど加工品を中心に、45店が計約60点を提供。

売り場はまさにハート一色で、買い物に訪れた女性も「こんなにいっぱいあるなんて…」と驚いていた。

 ■ラーメン、漬物… 日清食品の「インスタントラーメン発明記念館」(池田市)では14日まで、利用者が自分で具材とスープを選んで好みのカップ麺を作る「マイカップヌードルファクトリー」の食材に、「LOVE」の文字が書かれたハート形カマボコがお目見えした。

 バレンタインデーのオリジナルギフトにする利用者も多く、連日人気を集めている。

 また、京漬物店「西利」(京都市下京区)もハート形の千枚漬「千年の恋」を発売し、人気となっている。

府内では百貨店で、11〜14日の期間限定で店頭に並べるという。

 ■定番化した商品も 次々とチョコ以外のバレンタイン商品が登場しては消える中、長年にわたって愛され、もはや定番化した商品もある。

 豚まんで有名な「551蓬莱」(大阪市浪速区)では毎年、この時期限定で「ハート豚まん」を販売。

昭和59年の売り出し以来、30年以上続くロングヒット商品となっている。

 同社によると、当初は2店舗のみで扱っていたが、現在は約50店舗に拡大。

毎年約4万個を売り上げている。

 型に入れて形成し、豚まんの底の皮もハート形にするなど手間がかかるが、「もうけのためでなく、楽しんでもらいたい」と継続しているという。

 こうしたチョコ以外の関連商品は、通信販売の普及なども後押しして年々品数が増えており、バレンタインデーが近づく中、さらに商戦は過熱しそうだ。

ブーティ 2015
posted by play_game at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。