2015年01月16日

私と日記

"













"

NY市場サマリー(15日) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000045-reut-brf

[15日 ロイター] - <為替> スイスフランが対ドルで一時28%近く急上昇した。

スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)が対ユーロで設定していた上限を撤廃すると発表し、スイスフランが主要通貨に対して全面高となった。

ユーロ/スイスフラン<EURCHF=EBS>は、2011年9月以降無制限介入ラインとしてきた1.2000フランを突破すると、一時0.8500フランに急落。

その後買い戻されて終盤は15.9%安の1.0106フラン。

ドル/スイスフラン<CHF=EBS>は2011年以来の安値となる0.7360フランをつけた後、終盤は14.6%安の0.8697フランまで持ち直した。

またユーロはユーロ/スイスフランの急落の影響もあって全面安となった。

市場はSNBの決定は欧州中銀(ECB)が量的緩和策に乗り出すサインと受け止め、ユーロを売り込んだ。

<債券> 長期国債価格が大幅高。

30年債利回りは昨日に続き過去最低水準を更新した。

スイス中銀がこの日、これまで維持してきたスイスフラン相場の上限撤廃を宣言するとともに利下げに踏み切ったことを受け、米長期国債への買いが膨らんだ。

<株式> 大手米銀の決算が思わしくなかったことが重しとなり、5日続落して終了した。

S&P総合500種は12月16日以来初めて2000を下回る水準で引けた。

バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>は5.2%安。

第4・四半期決算で純利益が14%減少したことが嫌われた。

大幅減益決算を発表したシティグループ<C.N>も3.7%下げた。

家電量販最大手のベスト・バイ<BBY.N>は14%急落。

2月から始まる新年度について第1、第2・四半期の既存店売上高の伸びがマイナスから横ばいとの見通しを示したことで売られた。

<金先物> 5日続伸。

スイス国立銀行によるフラン対ユーロ相場の上限目標撤廃を背景に安全資産としての買いを集め、終値ベースは2014年9月8日以来4カ月ぶりの高値で終了した。

<米原油先物> 反落。

寄り付き直前の電子取引で一時51ドル台まで上昇したが、買いは長続きせず、売り優勢となった。

石油輸出国機構(OPEC)は1月の月報で、加盟12カ国が生産する原油の需要見通しを2015年通年で日量2878万バレルとし、 前月予想から約10万バレル下方修正した。

これを受けて需給緩和観測が高まり、原油相 場を下押しした。

メンズ ポロシャツ ランキング
posted by play_game at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。