2015年01月12日

日記って、どうなの?

"

「奈良まほろば検定」に1381人が挑戦 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00000018-san-l29

 奈良の歴史や文化などに関する知識を問うご当地検定「第9回奈良まほろばソムリエ検定」(奈良商工会議所主催)が11日、奈良市の帝塚山大と東京都文京区の東京大で行われ、2会場で計1381人の受検者が検定問題に挑戦した。

 検定は、奈良ファンや奈良に精通した人を認定して、奈良の魅力を伝える人材の育成を目的にしている。

 受検者は昨年より149人増えた。

内訳は、「奈良通2級」822人、「奈良通1級」377人、最難関の「奈良まほろばソムリエ」は182人だった。

 出題問題数は奈良通1、2級各100問、奈良まほろばソムリエは28問。

奈良の歴史や自然、伝統文化や観光、社寺や史跡などの分野から幅広く出題された。

 奈良通2級では、「秋にコスモス迷路が開園され、訪れた人々を楽しませているのはどこか」や「天正4(1576)年、織田信長によって大和国守護に任じられ、郡山城を築いた武将は誰か」などの問題が出題された。

 合否結果は2〜3月に受検者に通知される。













"

乃木坂46生駒里奈、センター交代の舞台裏を振り返る「『やっと解放された』と思った」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150112-00010000-realsound-ent

 『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の1月12日分にて、乃木坂46のメンバーによる企画「乃木坂46オモテ年表・ウラ年表(後編)」が放送された。

 同企画は、1stアルバム『透明な色』の発売を記念し、3年間の歴史を年表形式で振り返るもの。

そのなかでグループとしての変動である“オモテ年表”と、メンバー内で起こっていた出来事である“ウラ年表”を明かしていった。

前編【乃木坂46、活動初期の裏事情を明かす 西野七瀬「心がそんなに強くなかったから辛くて……」】では、2012年12月の『制服のマネキン』までを振り返っていた。

 まずは2012年12月を振り返り、高山一実が「“アメイジング”流行」と、今や高山の持ちネタである「アメイジング」が生まれた瞬間をVTRで放送した。

続いては秋元真夏が「歌ヘタイジり前」と書いたウラ年表を公開。

秋元は「『ヒットソングメドレー』で、「その時はみんなに歌を確認して、『良かったよ!』って言われてたから安心してたけど、最近、生ちゃんに『あの時本当にヘタだったよね』とダメ出しされた」と明かした。

これに対し、生田は「『こんなにへたくそな人いるんだ〜』と思った」と痛烈な一言を放ち、スタジオが爆笑に包まれた。

 続いては、2013年7月の『ガールズルール』で、センターが生駒里奈から白石麻衣に変更。

生駒は当時について「どこか申し訳ない気持を持ったままセンターをやってた。

だから、ここで『やっと解放された』と思った。

AKB48と比べられて、そこまですごい人でもないし『他のメンバーがいいのになんでここにいるんだよ』って言われてきたので…」と、周りや自分の評価がプレッシャーになっていたことを吐露した。

白石は自身がセンターになったことについて「生駒が大変な思いをしていたのを後ろでずっと見てきたので、自分に務まるか心配だった」と、大きな不安を抱えていたことを明かした。

 そして同年10月の7thシングル『バレッタ』選抜発表では、当時研究生の堀未央奈がセンターに抜擢された。

この時のウラ年表について、川後陽菜は「センターを予想」と明かし、「私のオタク友達と『選抜予想会』をやっていて。

自分は入れてないんですけど、堀ちゃんはセンターだよっていう予想で一致していた。

ブログの書き方は爽やかだよねって」と、早くも堀の可能性を見出していたという。

これに生駒も「ここくらいになってくると『次この子来るよね』って分かる」と反応した。

 同時期に西野七瀬は「金縛り期」があったことを明かし、「一人でドラマに出させて頂いていて、知ってる人がマネージャーさんだけだったのが負担になってたんだと思うんですけど、毎日寝るときに金縛りにあってて。

だんだん金縛りを操れるというか・・受け入れるかキャンセルするかを選べるようになった」と裏側を語った。

 続いては「堀・星野ピリピリ期」と題し、堀が『バレッタ』で研究生から選抜のセンターに入って、星野が選抜から落ち、アンダーのセンターに起用された時期を振り返った。

当時の星野との関係について、堀は「初めて喋ったのは2014年の1月です」と、あまり話しかけることができなかったと語った。

11月は堀が「武道館の前にスタッフさんからダメ出しを受けて、頑張らないとって思った」と、内容こそは番組で明かさなかったものの、鋭い指摘を受けたことでパフォーマンスが変化した「ターニングポイント」だったと明かした。

 2014年1月の『気付いたら片想い』選抜発表時も、センターになった西野と秋元にはまだわだかまりがあったようで、秋元は「素敵なポジションに付いたんだから応援しなきゃって思いつつ、全力で応援できない。

そんな自分に腹が立った」と当時を振り返った。

そして2月に行われた『2nd Year Birthday Live』のウラ年表で、秋元は「西野と和解」と、開演前MCで「あの時は言わなかったけど 真夏お帰り」って言ってくれて、泣いて袖から出れなかった。

ライブ中はテンションがおかしくなって、すれ違うたびに抱き合っていた」ことを振り返ると、西野は「真夏がみんなと仲良くなっていくのを遠くで見てるだけで、話すきっかけを探していた」と、仲直りの原因について明かした。

 番組の最後には、2015年1月以降について、生駒が「乃木坂ブーム」と記入。

生駒は「外の世界を広く見て、乃木坂はまだ知られていないなと思ったので」と、希望を込めて語り、番組が終了した。

 メンバーが様々な過去を赤裸々に語った今回の放送。

次回は「11thシングル 選抜発表」をオンエアする予定だ。

mrm 吃音
posted by play_game at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。