2015年01月09日

日記って、どうなの?

5兆ウォン台の営業利益記録したサムスン電子…問題は今年1−3月期(2) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000012-cnippou-kr

一安心したものの、これからの道は平坦ではない。

実績反騰の1番の功労者である半導体はサムスン電子がこれまで蓄積してきた投資と技術力の結果だ。

半導体需要増加とかみ合わさって効果が倍加した。

費用縮小なども「管理のサムスン」から始まった古くからの主な特技だ。

半導体市場の今年の全般的展望は悪くない。

新韓金融投資のキム・ヨンチャン研究員は「今年非メモリー事業部が黒字に切り替われば実績は年末に行くほど良くなるだろう」と話した。

結局、問題は半導体オフシーズンである1−3月期をどのように乗り切るかだ。

半導体が救援投手の役割をもっと上手くやれば、サムスン電子が新事業として育てているモノのインターネット(IoT)や企業間取り引き(B2B)事業なども一層円滑に進めることができる。

半導体が支えならばスマートフォンは窓だ。

スマートフォンが再生しなければ、再び10兆ウォンの分期営業利益を出すことは難しい可能性がある。

スマートフォンももう成熟期に入った市場であるため短期実績は占有率争いにかかっている。

アップル・シャオミの占有率が増え、サムスン電子は減る最近の流れを変えるためのサムスン電子の歩みもはやくなっている。

インド・中国など中低価格携帯電話市場では価格競争力を高めるために10万ウォン台フォンが発売を控えている。

8日には韓国内で30万ウォン台のギャラクシーグランドマックスも発売した。

サムスン電子関係者は「基盤が固められれば上半期に出てくる代表商品ギャラクシーS6の新製品効果もより大きくなる可能性がある」と期待した。

ミレアセット証券のト・ヒョンウ研究員は「半導体の実績好調、スマートフォン事業部の競争力強化などで実績改善は持続されるだろう」と見通した。

一方、イ・スンヨン韓国投資証券研究員は「1−3月期は伝統的なITオフシーズンであるため実績が継続して良くなるかは予測し難い」として判断を先送りした。













"

KDDIの「シニア向け安心・安全講座」にタブレットコース新設――1月15日に受付スタート http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150108-00000111-zdn_m-prod

 KDDIは4月1日、シニアユーザー対象としたKDDIケータイ教室「シニア向け安心・安全講座」をリニューアルする。

 リニューアル後は、タブレットの基本操作や動画の閲覧などを学べる「シニア向けタブレットコース」を新設。

申し込みはホームページで申込書を印刷し、必要事項を記入してFAXにより行う。

なお、受け付けは1月15日から。

 2012年10月から開催してきた「シニア向け携帯電話コース」の申し込み受け付けは2月28日で終了。

今後は「シニア向けスマートフォンコース」と「シニア向けタブレットコース」となる。

引越し 横須賀 見積もり
posted by play_game at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。